仕事を依頼したくなるボーカリストの特徴

ボーカル関連
この記事は約4分で読めます。

みなさんこんにちは。

自分はAK-POPという名前で色々なボーカリストに自分の曲を歌ってもらうというスタイルで活動しています。

最近はだんだんこのようなスタイルで活動するバンドやユニットが増えてきています。

グラミー賞を受賞したDaft PunkやUp town funkでブルーノマーズとコラボしたMark Ronsonなど世界の頂点に立つグループなどもこのようなスタイルでやっています。

果たしてこのようにコラボをする歌手を選ぶ時、どんな基準で選んでいるか、実際にオーディションの審査もやったことのある自分がお伝えします。

ボーカリストとして食べていく現実的な方法

ボーカリストとしてやっていきたいと思っている方のほとんどはテレビの歌番組で歌うシンガーソングライターやバンドのボーカルとして大きなステージで歌うという事を目指していると思います。

しかしながらそのようなことが出来る人はほんの一握りですね。

現実的に食べていく方法としては「仮歌」という作った曲に仮に歌を入れたり、コーラスをやったり、曲が用意されてある何かのテーマ曲を歌うとか、ライブのサポート、自分のような曲作りだけして歌を別の人にお願いするというスタイルでやっている人達からの依頼をこなしていくと手取り早く稼ぐ事が出来ると思います。

これはボーカルだけでなく楽器演奏でも同じ事ですね。

では何を基準で選んでいるのでしょうか?

これはどんなボーカリストを求めているかにもよるので一概には言えません。

クライアント側が何を求めているのか読み解く必要があります。

例えばパワフルな曲に合うボーカリストを探しているのにしっとりとしたバラードを歌われては良いのか悪いのかよく分かりませんよね。

しかし大は小を兼ねるという言葉もあるようにこの逆はその限りではありません。

パワフルな声で歌える人は大体しっとりした曲も歌えます。

その事は音楽関係者である選ぶ側も分かっているので自己アピールのための音源はパワフルな声が入ったものにしておきましょう。

大体は曲が先に合って、その曲のタイプに合ったボーカリストを探している場合が多いので具体的にこういう方向を目指してたら良いとは言えませんがいずれの場合も共通している要素が一つだけあります。

それは、、、

SNSのフォロワーが多い事です。

クライアント側がすでにある程度発信力を持っているならこの点はあまり重視されませんが大抵の場合は完成した曲を少しでも多くの人に届けたいのでSNSのフォロワーが多いとかなりポイントが高くなります。

実際に見た目や歌唱力が並程度の音楽関係ではない人気YouTuberが歌を出すと実力のあるインディーズの歌手達よりも売れることはよくあります。

まずはSNSのフォロワーを増やしましょう

この場合、人気のInstagramはあまり重要視されません。

なぜならリンクが貼れないため宣伝として使いにくいからです。

Twitterだとリツイートなどされるとどんどん広がっていくのでTwitterのフォロワーをどんどん増やしていきましょう。

facebookのフォロワーが多いのも好印象です。

ボーカリストのSNSはクライアントも当然見ているので積極的に宣伝をしてくれていると非常に印象が良くまたお願いしようという気持ちになります。

名前を変えて顔を隠して歌いたいというシンガーもいましたが、これはよっぽど実力がない限りは印象が悪いです。もうお願いする事はないと思います。

シンガーではないですがライブのサポートをお願いしたギタリストが全くライブの告知をしてくれなかったということもありました。

サポートをお願いしした側からするとライブの宣伝にも協力しろと強く言えないので気が付いていない人も多いと思いますがライブの当日になって「今日はこれからここでライブのサポートします」と淡々としたSNSでの投稿をされると依頼した側からすると印象が悪いです。

やっぱり依頼する側も同じような力であるならば宣伝に協力的な人の方がいいですよね。

Twitterのフォロワーの増やし方

ではどのようにして増やせばいいのでしょうか?

有名曲をカバーしたり、自分の写真をどんどんあげるという事はみんなよくやっていると思います。

このような事はもちろんあっても良いのですがそれよりも「みんなが共感してリツイートしたくなるような事」を呟くと突然火が付いたりします。

Twitterの場合、フォロワーを増やすための重要ポイントはここです。

普段思ってる何かに対しての不満などを呟くとそれがみんなにハマる事があります。

このようなツイートをある程度充実させた後、フォローしてくれそうな人を1日30人くらいフォローしていきます。

やりすぎると規制がかかってしまうので要注意です。

ちなみに自分はこのやり方で実際に2万人まで増やせました。

というわけでボーカリストはボイトレを毎日して自分を磨く事は当然として仕事を貰うために重要な事をまとめますと・・・

宣伝に協力する。SNSでの発信力を鍛える。

ボーカリストに限った話ではありませんがこの2つが重要です。

自身の活動にも役立つ事でしょう。

フォロワーが多ければ多少見た目や歌唱力が他の競合相手と見劣りしても採用される可能性は上がるでしょうし、自分の事のように宣伝してくれるとクライアントからの印象も良いのでまた仕事の依頼が来る事でしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました