ギターボーカルにおすすめのギター5選

ギター関連
この記事は約4分で読めます。

はじめに

ギターボーカルでバンドをやっていく際にどんなギターを選べばいいか分からない、そんな方もいらっしゃるかと思います。

ギターボーカルのギターに求められるのは、サウンドの輪郭がはっきりしていることです。

そして、重量が軽いことなども求められるでしょう。

ギターボーカルはバンド形態にもよりますが、コードストロークやアルペジオがメインになると思います。

なので、コード感がはっきりしていると良いとされています。

また、歌を妨げないように重量が軽い方が助かるはずです。

どんな音楽性のバンドでギターボーカルをするかでも変わってきます。

なので、今回はスタンダードな歌モノや、ギターロックバンドでギターボーカルをする人向けに話を進めていければと思います。

スタンダードさのあるストラトキャスター

ストラトキャスター

長年スタンダードなエレキギターとして愛されているストラトキャスターです。

サウンドの幅が広く、今も多くのプレイヤーから愛されています。

サウンドの幅広さは、ピックアップセレクターが多いことに起因します。

なので、気分が変わったり、飽きたりしても様々な音を出せるので、気分屋の方には特におすすめです。

重量も軽いものが多いので、扱いやすさも抜群なので選択肢に入れる価値は十分にあります。

ギターボーカルの王道、テレキャスタ―

テレキャスター

バンドのギターボーカルで、テレキャスタ―を多く使っている人を見かけることって多いですよね。

それには理由があります。

まずは高音がすっきりしていて、音が聴き取りやすいことがあります。

セッティングにもよりますが、歪ませても音の芯があるのでギターボーカルとして重宝します。

特にクランチでコードをかき鳴らした時の気持ちよさは半端ではなく、多くのプレイヤーが虜になるのも頷けます。

テレキャスタ―をかき鳴らしたことのない方は、是非一度手に取って、試してみてほしいと思います。

女性にも人気のムスタング

ムスタング

ムスタングは見た目もキュートで女性からも人気が高いです。

人気な理由はそれだけではなく、ショートスケールということで、軽く、抑えやすいこともあるでしょう。

ショートスケールなので、手が小さめの方にも抑えやすいのは非常に優しい設計です。

また重量も軽いので、ギターボーカルに対する負担が小さいのも魅力的だと思われます。

まさに、見た目のキュートさと使いやすさを両立した名器だと思われます。

シャープなサウンドが特徴のジャガー

ジャガー

ジャガーは見た目がクールでかっこいいです。

さらに、ムスタングと同じくショートスケールなので、使いやすいギターになっています。

ジャガーであればカッコよく、また使っている人口もそこまで多くないので目立てます。

他人と少し違うギターを使いたいのであれば、なおおすすめです。

コードストロークやアルペジオを多用したプレイにも適しています。

クリアでシャープなサウンドはまさにギターボーカル向けでしょう。

サウンドに迫力のあるジャズマスター

ジャズマスター

ジャズマスターは渋いカッコよさがあり、いぶし銀な見た目はステージ映えするはずです。

また、コードストロークをかき鳴らした時の輪郭の太いサウンドは癖になります。

ジャズマスターは、出力の高いシングルコイルピックアップが積まれていることが多いので、音に迫力があります。

コードストロークをかき鳴らした時の音圧は、他のギターにはない安定感があるでしょう。

安心して歌に専念できます。

また、トレモロアームも使えるので、音も変幻自在で応用の効くギターになっているのも評価ポイントです。

そのサウンドの奥深さに魅了されること間違いなしです。

まとめ

ギターボーカルのギターはサウンドに輪郭があり、重量が軽いことが重要だと思います。

あくまでもボーカルの伴奏なので、ご自身に負担がかからない方がいいはずです。

特にコードストロークやアルペジオなどのバッキングプレイをするなら、本記事で紹介したギターは必ず合うはずです。

色々なプレイスタイルや音楽性もあると思うので、本記事や周りの意見も参考に、買うギターを決めていただければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました