アコースティックギターの定番ブランドを教えます

ギター関連
この記事は約4分で読めます。

エレキギターしか持っていないバンドマンも多いかと思いますが、アコースティックギターを1本ぐらい所有しておく価値はアリです。

どうせなら定番ブランドのしっかりしたアコースティックギターを買いましょう。

⚫プロご用達のギターブランドを紹介

各ブランドの人気モデルと一緒に紹介するので、検討の参考にしてみてください。

・マーティン

GUITARS

マーティンのアコースティックギターは、すべてのギターブランドがモデルにしています

つまり、パクっているということです(笑)

それぐらい業界スタンダードのギターをリリースしています

様々なモデルがリリースされている中で特に人気なのは、

・「Dシリーズ」

・「000シリーズ」

です。

Dシリーズは、軽く引いただけでも大きい音が鳴ります

古くからフォークシンガーに愛用されていました。

000シリーズは、煌びやかなサウンドに定評があります。

アンプラグドで演奏すると美しさに鳥肌ものです。

000シリーズは、エリッククラプトンのMTVUnpluggedで利用されているので、チェックしてみてはいかがでしょうか?

Eric Clapton – Layla (Unplugged 1992) (Promo Only)

ちなみに、マーティンのギター音量は

・0

・00

・000

・D

の順番で大きくなっています。

・ギブソン

Explore Acoustic Models | Gibson Japan

ギブソンといえばレスポールをイメージする人が多いと思いますが、アコースティックギターにも定評があります。

レスポールは太い音が特徴ですが、その傾向はアコースティックギターでも健在です。

それでいてシャープな音が鳴るので、丸くなりすぎない魅力もあります。

エフェクトのノリも良く、録音した後のミックスがしやすいのもメリットです。

宅録でのアコギ録音が楽しくなります。

いくつかのモデルがリリースされている中で、人気が高いのは「HummingBird(ハミングバード)」です。

Amazonより引用

カラッとしたサウンドで、洋楽に近いサウンドが鳴ります。

・モーリス

Morris –モリダイラ楽器

モーリスは、日本のアコースティックブランドです。

初心者モデルから上級者モデルまで幅広くリリースしています。

値段設定が幅広いので、お金がないバンドマンでも手を出しやすいブランドです。

安いからといって侮るなかれ!

どのモデルも老舗ブランドらしいフラットな音を鳴らしています。

さらにどのモデルにも共通して言えるのは、輪郭のある低音です。

低音が出るアコースティックギターは、ふくよかすぎて輪郭が損なわれる傾向にあります。

しかし、モーリスのギターならそれがありません。

多少気になったとしても、PAやDTMのイコライザーで少しいじれば解決です。

ちなみに、音量はさほど大きくないので、弾き語りには向かないかも?

エフェクト操作がしやすい点においても、バンド向きのアコギと言えるかもしれません。

・YAMAHA

ヤマハ | アコースティックギター
1960年代から始まったヤマハのギター作りの伝&#32...

YAMAHAも日本発のブランドです。

ピアノをはじめとした木製楽器のクオリティに定評があるため、アコースティックギターの品質も抜群!

人気のモデルには、

・Lシリーズ

・CPXシリーズ

などがあります。

Lシリーズは、どんなジャンルにもマッチしやすいギターで、「無難に鳴る」コード感が魅力です。

他のモデルより頑丈にできているため、持ち運びにも向いています。

CPXシリーズは、ライブ演奏に向いているエレクトリックアコースティックギターです。

ハウリングを起こしにくい仕様になっているため、ライブでフェーダーをあげられるメリットがあります。

ロックサウンドに埋もれないギターです。

⚫まとめ

アコースティックギターは、エレキギターよりネックが太くて弾きにくいため、違和感を感じる人も多いかもしれません。

しかし、アコースティックギターを上手に弾けるようになれば、自然とエレキギターも上手に弾けるようになるので、所有しておいて損はありません。

ライブや楽曲制作で使う用がなかったとしても、自宅練習用として所有してみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました