「愛用者が紹介!レスポールのメリット・デメリットと解決方法」

ギター関連
この記事は約7分で読めます。

・レスポールの購入を検討しているので、おすすめの点、デメリットな点を知りたい!

・レスポールを使っていて、肩こりや、ハイポジションの弾きづらさに悩んでいる。

このような方に向けて、実際にレスポールを愛用している私が使っている中で感じることや、デメリットな点をリカバリーする方法をご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください!

レスポールならではの魅力

私が思うレスポールの一番の魅力はやはり、甘く太い音色です。

美しいクリーンはもちろん、ハードロックにピッタリな、ヘヴィーな歪んだサウンドもとても魅力的です。

この独特な音色は、レスポールの形でなければ出せないそうです。

レスポールを愛用する著名なギタリストはたくさんいて、例えばゲイリー・ムーア、ニール・ショーン、松本孝弘さんなどです。

どのギタリストも、伸びのある素晴らしい音を奏でていますよね!

レスポールの音色がピンとこない方は、上に挙げたギタリストの演奏を聴いてみると、大まかなイメージがつかめると思います。

また、重量が重いのが特徴です。

これは、メリットでもありデメリットでもあるので、後ほど紹介していきます。

メリット

1.立って弾く際の安定感がバツグン

ボディが重いため、ネックが下がってきません。

これにより、左手で運指をしながらネックを支えるというストレスが減り、余分な力が入らず、弾きやすくなります。

2.チョーキングがしやすい

ストラトに比べ、ネックが短いため、チョーキングが楽にできます。

私は以前ストラトを使っていたのですが、握力が低く、手首も弱いため、チョーキングが連続すると大変でした。

ストラトからレスポールに初めて持ち替えた時、チョーキングがしやすくて感動したことを覚えています。

私のような方や、チョーキングを多用する泣きのギターを弾きたい方には、レスポールをぜひおすすめします。

3.ピックアップの切り替えがしやすい

上の写真のように、セレクターがピッキング動作の延長線上にあるので、曲中でピックアップの素早い切り替えが可能です。

ピックアップを切り替えることにより、音のニュアンスが変化するので、繊細な表現をすることができます。

デメリットと解決方法

1.とにかく重い

レスポールの特徴である重さは、メリットでもあるのですが、デメリットでもあります。

まず、持ち運びが大変です。

力持ちの方や、車で持ち運ぶ場合はいいのですが、体力のない方や女性は特に大変です。

私は、レスポールを持って徒歩で移動すると、いつも肩こりや筋肉痛になってしまいます。

この負担を和らげるためには、背負うことができるリュックタイプのケースを使うのがおすすめです。

片手で持つタイプより、手首や肩に負担が少なく、疲労を軽減することができると感じています。

立って演奏する際の肩こりがひどいです。

重さゆえに、レスポール使いは腰痛や肩こりが多いと言われています。

レスポールを愛する以上、仕方がないのですが、ストラップ選びに気を使うことで、肩こりを軽減することができます。

具体的には、幅が広めで、スウェードなどのやわらかい素材でできたストラップがおすすめです。

肩にかかる圧力が分散され、負担が減ります。

2.ハイポジションが弾きにくい

ダブルカッタウェイのギターに比べて、ハイポジションが弾きにくいです。

これは、座って弾く場合に特に顕著で、立って弾くと少し弾きやすくなります。

この悩みについて、ギターにくわしい、B’zファンの方にきいた話があるので、ご紹介します。

B’zのギタリスト、松本孝弘さんといえば、レスポールを弾く姿がおなじみですが、初期の頃は、ストラトタイプのギターを使っていました。

そのため、その頃のフレーズは、ハイポジションを目一杯使ったものが多いそうです。

やがてレスポールをメインで使うようになると、ギリギリなハイポジションはあまり使わなくなったそうです。

ですが、どの頃のフレーズもとても素敵ですよね!

このことから、楽器の個性にあわせて、プレイを柔軟に変化させることも重要なスキルだとわかります。

私は、好きな曲をレスポールでコピーしていて弾きにくいポジションのフレーズが出てきた場合、別のポジションで弾いたり、そのフレーズを曲のキーやスケールに合わせてアレンジして弾いたりしています。

そうすることで、演奏がコピーからカバーへと進化します。

ハイポジションが弾きにくいという悩みを解決し、上達につながる練習方法にもなるので、完コピにこだわらないというのもおすすめです。

〈まとめ〉

デメリットも正直にご紹介しましたが、それをはるかに上回る魅力がつまったギターです。

私なりの解決方法もご紹介したので、ぜひ参考にしてみてください。

名だたるスーパーギタリストに愛されているレスポールは、特に、ブルースやロック、ハードロックなどを弾きたい方にぜひおすすめです。

ぜひ一度、手に取ってみてください。レスポールの魅力にハマること間違いなしです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました