レギュラーじゃ物足りない、いろいろなギターのダウンチューニング

ギター関連
この記事は約5分で読めます。

レギュラーチューニングでギターが引けるようになったら、チューニングを変えてみると、また新たな発見ができます。

オリジナル曲を作るときにも、チューニングを変えると新鮮な感覚でマンネリを避ける効果があります。

是非ともいろいろなチューニングを試してみてください。

レギュラーだけじゃ物足りない、ギターのオープンチューニング
ギターには様々なチューニングが存在します。レギュラーチューニングから変則チューニングに変えてみますと、ギターの奥深さがさらに分かります。特にオリジナルを作る上で、同じコードであっても音色がかなり変わるので、今まで思い付かな...

意外とカッコイイと思う曲はチューニングがレギュラーじゃなかったりします。

今回はダウンチューニングをメインに紹介します。

音を下げることによりただ音階が変わるだけではなく、音の雰囲気、音の伸びが良くなる効果などがあります。

半音下げ

まずは、オーソドックスなチューニングの半音下げです。

レギュラーチューニングから全部の弦のチューニングを半音下げる方法です。

半音下げるだけでもかなり音の印象が変わります。

6弦 E → E♭(D#)

5弦 A → A♭(G#)

4弦 D → D♭(C#)

3弦 G → G♭(F#)

2弦 B → B♭(A#)

1弦 E → E♭(D#)

メーターがない場合の生音でのチューニングの仕方

チューニングメーターを使ってチューニングするのをおすすめしますが、もしチューニングメーターがない時の応急処置をお教えします。

レギュラーチューニングの6弦の5フレットがAなので、4フレットがA♭になります。

なので6弦4フレットの音に5弦開放の音を合わせれば、5弦はA♭になります。

あとは、レギュラーチューニングの仕方を5弦を基準に行えば、半音下げの完成です。

主な半音下げアーティストはジミ・ヘンドリックス、ニルバーナ、スマッシングパンプキンズ、エクストリーム-More than wordsなど

カポタストを使ってチューニングを直ぐに変える方法

カポタスト(通称カポ)はチューニングをレギュラーより上げたい時に使いますが、

ダウンチューニングの状態から、レギュラーチューニングに直ぐ戻したい時にも使えます。

あらかじめダウンチューニングをします。それが半音下げのチューニングの場合、1フレット目にカポをすればレギュラーチューニングになるという分けです。

1音下げ(全音下げ)チューニング 

1音下げはヘヴィーメタル、ハードロックなど重たい音にしたい時に使います。

6弦 E → D

5弦 A → G

4弦 D → C

3弦 G → F

2弦 B → A

1弦 E → D

チューニングメーターを使わないで、チューニングする場合

6弦3フレットに5弦の開放の音を合わせれば、5弦が基準のGになります。

そこから、レギュラーチューニングの要領でチューニングします。

1音下げの有名バンドはパンテラ、モトリー・クルーなど

さらに深く重くダウンチューニング

さらに、下げると  ドロップC#(C# G# F# A# D#)  代表バンド フィンチ

もう一つ下げると  ドロップC(C G C F A D)代表バンド キルスイッチエンゲージ

その次                    2音下げ(C F A# D# G C)        代表バンド ドリームシアター

さらに下げて     ドロップB(B F# B E G# C#)     代表バンド スリップノット

ドロップチューニング

6弦だけを1音下げるチューニングです。

6弦と5弦だけ開放で弾くだけでヘヴィーなパワーコードになります。

6弦 E → D

5弦 A → A

4弦 D → D

3弦 G → G

2弦 B → B

1弦 E → E

チューニングメーターなしでチューニングする方法は

6弦7フレットのハーモニクス音と5弦5フレットの音に合わせるか、

6弦5フレットのハーモニクス音と4弦5フレットに合わせます。

このチューニングは6弦だけを変えるだけなので、比較的簡単にできて効果的なので是非試してください。

このチューニングの曲もかなりあります。

ビリー・アイドル – speed

バン・ヘイレン – Unchained

フー・ファイターズ – Monky wrench

アンスラックス – Keep it in the familyなど

ダウンチューニングと弦の関係

ダウンチューニングによる影響で弦のテンションが弱くなり、ネックが反り、サステインが減ったり、音がぼやける症状が出ることがあります。

それを防ぐため、弦を太くしてテンションを保ちます。

弦のサイズの目安は

ドロップDから1音下げは 10-46~11-49

ドロップC#から2音下げは 11-49~11-52

ドロップBは 12-54~13-56  です。

まとめ

チューニングメーターを使わないチューニング方法を説明しましたが、なるべくならチューニングメーターを使った方が正確な音になります。

ただ、自分の耳を鍛える為でしたら、まずチューニングメーターなしでチューニングしてみて、その後にチューニングメーターで確認すれば、確実に自分の耳が鍛えられます。

他の楽器もそうだと思いますが、音感は経験とともについてきますので、自分でのチューニングも試してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました