思考停止な練習は時間の無駄遣い?!コピーするなら理論に紐づけるべし!

ギター関連
この記事は約6分で読めます。

ギターを始めれば、まずTAB譜を見ながら曲をコピーしていくでしょう。

指がある程度自在に動くまで(中級者)の練習ならそれでもいいのですが、上級者を目指していくならコピーをしながらフレーズの意味やコードの動きを考えていく必要があります。

天才肌のギタリストで、自らの曲で勝負する人。

例えばジミーヘンドリックスみたいなプレイヤーでもない限り、何も考えないただのコピーはもうやめましょう。

今回は、なぜそう思うのか?といった根拠や、コピーの際に考える事。最後に、リアルな楽曲を例に挙げて練習時の頭の様子を解説していきます。

事前に必要な知識

スケール

・キー

・ダイアトニックコード

・度数の意味

・ノンダイアトニックコード(わかってたら最高!)

よくわからない方は下記の記事をご覧ください。

思考停止の楽曲コピーが効率悪い理由

コピーする際になにも考えてないと、何が悪いのでしょう?

それは、他の場面で応用ができない事と、細かいところを長期間記憶するのが難しいことです。

体が覚えるほど弾きこんだ曲なら例外と言えますが、ほとんどの曲は1か月たてば同じような演奏はできないでしょう。

指の動きをすべて覚えるのはとても効率が悪いんです。

そして記憶にも定着されてなければ、他の曲に応用することなんてできません。

キーが違う曲ではお手上げになってしまいますよね。

練習の際は、何かに紐づけて記憶するのが一番なのです。

そうすることで、曲自体をなんとなく覚えていれば、1年たった後でも演奏を思い出すことができます。

あなたが作曲する曲に応用することもできますし、アドリブの際のアイデアとして蓄積されてくでしょう。

楽曲をコピーする際に考える事

それでは、練習する際はどんなことを考えればいいのでしょう。

何に紐づけて練習していけばいいのでしょう。

今回はこの2つです

・コードを度数表記で覚える

・ソロ中はスケール、コードも意識する

他にも考えるといいことはあるのですが、そこには難しい知識も出てくるので、また別の機会にご紹介します。

上記の2つだけでも、めちゃくちゃ練習になります!

曲全体とまでは言いませんが、要所要所で上記のことを意識しましょう。

コードを度数表記で覚える

「キーはC。Aメロの始まりはダイアトニックコードで言う4度から始まる。

コードの進行は、F→G→Em→Aだから4536の進行なんだな。」

というように、コードをダイアトニックコードの度数表記で覚えます。

Aメロ、Bメロなどの区切りの位置では何度のコードから始まるのかを意識していると最高です!

こうすることで、どのキーでも応用することができますし、何より覚えるのが楽です。

「次はエフでー、ジーで、イーマイナーでー、エー…えっと、エーメジャーだっけ?」

コードネームで覚えようとするとこんな場面がよくあります。

ダイアトニックコードの度数表記で覚える事でマイナーメジャーで苦しむことはだいぶ少なくなるでしょう。

ノンダイアトニックコードが出てきたときは、メジャーかマイナーも覚えましょう。

4536の3度がメジャーなこととかよくありますからね。

ノンダイアトニックコードをあまり知らない方は下記の「耳コピや作曲に超影響!定番ノンダイアトニックコード」の記事をご覧ください。

ここで紹介した6つのノンダイアトニックコードをあらかじめ覚えておけば、記憶はさらに簡単になります。

ソロ中はスケール、コードも意識する

一番伝えたい部分はここです。

ギターソロの時は、それを覚える事に夢中になっていて、裏でなっているコードに意識がいきにくいのです。

「キーがCで、コードの進行は4536。そのうえでソロが弾かれているんだな。」

と理解しましょう。

この意識は、他の楽曲に応用する際非常に役に立ちます。

キーの違う同じコード進行の曲であれば、そのままそっくり代用することも可能ですしね!!

ここでポイントは、スケールの何度の音からひかれているのか、何度の音に着地するのかを意識することです。

全部するとなると膨大な情報量になってしまうので、要所要所で。

「Cメジャースケールの3度の音から始まっているな。」

というように。

そうすることで、そこを起点にソロを覚えやすくなります。

それに、音使いが意識的に学べておすすめです。

曲の覚え方には、人それぞれのやり方がありますが、

他の場面で応用できるようにするには、これらの方法が一番だと思います。

アドリブ力が大きく上がりますので、即興セッションなんかで音楽を楽しめるようにもなります!

[ALEXANDOROS]-ワタリドリで解説

[Alexandros] – ワタリドリ (MV)

実際に、どんなことを考えながらコピーしていくか解説していきます。

・手順1 キーを探る

必ずキーは判別しましょう。

この曲のキーはAメジャーですね!

・手順2 コード進行をとり、度数表記に置き換える

イントロ

A  →Dadd9→Fm →D Eになります。

1 →4     →6   →4 5の進行ですね!

度数で覚えれば、定番のコード進行なんかも覚えやすいです!

コードで覚えると、キー次第で変わってしまいますから。

・手順3 フレーズをとる(どこから始まるか)

「てーてーてれてーてー てーてーてれてーてー」の音をとりましょう(笑)

3弦14フレット、3弦16フレット、2弦17フレットが使われていますね。

始まりの音は、ルートの音(A)から始まっていました。

「この曲の開始は、ルートの音から始まっているんだな。ここ人差し指起点で覚えよう。」

こんな風に記憶しました!

これを繰り返していくだけです。

これで「1音上げでワタリドリひいて!」なんて要望にも応えられますね!

まとめ

曲を覚える際、何も考えないで弾き込むのは、技術の向上になります。

ですが、それだけです。

応用が利かないのです。

コード進行を理解して、何度の音から音が鳴るのかを理解すると、忘れても思い返しやすいです。

いろんなキーにも対応できて、曲が同できているのか詳しく分析することができる。

いいことづくしではないでしょうか。

セッションバーなどに行くと、定番のセッション曲を演奏するのですが、場合によってキーが違かったりします。

その状態でアドリブソロを弾くのです。

先ほどの練習が生きるわけです。

ワタリドリのイントロも、フレーズの案として利用することができますね。

そのキーのルートの音から弾き始め、2度、5度…。

このフレーズのままではカッコよくないかもしれませんね(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました