ワイヤレスシステムの必要性と、お勧め機材

ライブ関連
この記事は約7分で読めます。

こんにちは。

今回はワイヤレスについて書こうと思います。

皆さん、ライブ時にはワイヤレスを使ってますが?それともワイヤードですか?

ご存知とはおもいますが、音質面ではワイヤードの方が有利ですし、取り回しや、ステージングではワイヤレスのが有利ですね!

なので筆者は、小規模なステージならワイヤード、大規模なステージ等ではワイヤレスを使っています。

臨機応変にと言うところでしょうか。

ワイヤレスと、ワイヤードの特徴をまとめてみました。

(デジタルや、アナログ、光とか種類がありますが、ややこしくなるので割愛します。)

【ワイヤード】

音質面に優れている。

出音が早い。

トラブル時に対応が楽。

【ワイヤレス】

ケーブルが無いので、取り回しが楽。

数十メートルまでは自由に動ける。

混線の可能性あり。

盗聴の可能性あり。

ざっくり挙げるとこんなところでしょうか。

興味がある方は使ってみて下さい!!

ワイヤレスの選び方。

【使用される周波数帯域】

ギター用ワイヤレスは主に2.4GHz帯かB帯が使用されています。

使用周波数帯域の特性としては、2.4G Hz帯は音質は良いですが、スマホやPCに弱いです

2.5GHz帯は、安価で音質が良いので、最初の一台にはお勧め!

ただし、wifiや、Blue toothと同じ周波数帯域なので、環境によっては、ノイズや音飛びが発生することがあります。

B帯はチャンネル数は少なくなりますが、妨害電波には強いです。

2.4G Hz帯も同じですが、チャンネル混線を回避する機能があるものを選びましょう。

【乾電池か充電か】

筆者は充電するのを忘れがちなので、乾電池の物を使っていますが、充電式の方がコスパはいいですね!

あとは、混線回避機能の有無や、通信範囲などを加味して、チャンネル数の多い物を選びましょう!

ワイヤレスのお勧め機材!

BOSS WL-60

14チャンネル使えて、音質も悪くないです。

転送範囲は20m程度。

少しレイテンシー(出音の遅れ)があるかなって感じですが、ほとんど気にならないレベルです。

LINE6 G50

24bit非圧縮で、周波数レンジが広い(10Hz〜20kHz)ので、ローエンドがしっかりする印象。

出音はBOSS同様、少し遅れますが、ほとんど気にならないレベルです。

40mぐらいまでなら対応できますし、チャンネル数も12と十分です!

SHURE GLXD14R

充電可能で16時間連続使用可能。

レイテンシーほんのちょっとあるかな。

気にはなりません。

スチール製のラックマウントで耐久性がありそうな見た目です(笑)

BOSSやLINE6 と比べて安定した通信が出来ます。

おわりに

他にも様々なメーカーがワイヤレスを出しているので、記事を参考にしながら、自分にあった一台を選んで下さい!!

では、また!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました