『ライブの物販コーナーを強くしよう!』

ライブ関連
この記事は約4分で読めます。

バンドマンの皆さんお疲れ様です!

この記事では「ライブの物販コーナー」に目をつけてみました。

お客さんとバンドのコミュニケーションの架け橋となる「ライブの物販コーナー」

「CDと適当に書いた値札」だけ、こう言ったバンドも多く、もったいない!

「少しでも売れる物販コーナー」、これを一緒に目指していければ幸いです!

「RPGの装備のように物販コーナーを強くする」提案をして行きます!

「基本の物販の装備を整えよう!」

ボスを倒すためには装備は必須!

ここでは「ライブというボスを倒しに行くための装備」箇条書きにさせていただきます!

〜必須の装備〜

 ①商品

 ②CDタイトルの書かれた値札

 ③お釣り

 ⇨これは最低限の装備です。

  ②に関しては「セットリストの裏に書いたもの」などは無しです!

  デザインしてプリントしたものなど、売り物だという意識を持ったものが必須です!

  めんどくさくても作るべし!!!

〜さらにレベルアップする装備〜

 ①物販一覧のメニュー

 ②物販コーナーを飾る装飾品

 ③テープやサインペン

 ④ハンガー

 ⑤次回のライブがわかるフライヤー

 ⇨この5つを用意すればさらにレベルアップです。

  これが全部揃っていればもうめちゃくちゃに褒めます。

  詳しく紹介させていただきますと、

①物販一覧のメニュー

 こちらは物販の種類が豊富な場合に用意したいものです。

 一覧のメニューを作って置いておくと、お客さんの目線が決まりやすいのです。

 あちこちに散乱するより、きれいにビシッとまとめる一手間を!

②物販コーナーを飾る装飾品

 もはや「必須」のところに入れようかと思っているくらいです。

 これは何かというと「バンド名を書いた看板」「下にしく布」などです。

 その他「iPadで動画を流す」「ラックを立てて立体化」など工夫は山盛りです。

 よくあるのが「どのバンドの物販かわからない」状態。

 布の上にCDをおきバンド名を明記する。これだけでもずいぶん見た目は変わります!

③テープやサインペン

④ハンガー

 この2つは「あったら気が効く」ものです。

 例えば野外ライブの物販やクーラーの下など、

 風が吹く時には値札をマスキングテープでとめることが出来ますし、

 サインを求められたらサインペンの出番です。

 物販コーナーにハンガーラックがないライブハウスでも、

 ガムテープで即興ハンガーかけが作れます。

 意外とそのほかにも役に立つことがたくさんです。

 あったら素敵な生活の知恵ですね!

⑤次回のライブがわかるフライヤー

 これを置いているバンドは「しっかりやってるなー!」とおもいます。

 物販コーナーでお客さんと話をし、次のライブへのアテンドができる。

 さらには、たとえ何も買ってくれなくても情報を提供できる。

 これはめちゃくちゃ大きいです。

 例えば帰りの電車や帰宅後に、お客さんがあなたのフライヤーを手に取って

 SNSをフォローする、QRコードからMVを見る、ネット通販へとぶ。

 などしてくださったら、もう完璧ですよね?

〜もはやクセ〜

 ①投げ銭のグッズ

 ②アクティビティ

 ⇨「RPGのしばりプレイ」のようにクセの強い物販です!

  可能性は無限大なのですが、ここでは特に効果の強い(かもしれない)アイディアを!

①投げ銭のグッズ

 例えばステッカーや缶バッジ、CD-R音源など、「値段を決めない物販」です。

 お客さんが値段を決めるので、もしかしたらBIGな値段を期待できるかも…。

 私の経験ですが、

 10円シングル(でもお釣りは出ません)というCDをリリースしたこともあったなぁ。

②アクティビティ

 これは賛否両論です。周りの物販の邪魔にならないよう心がけましょう!

 例えば

 「サイコロを振って6出たら缶バッジおまけ」

 「その場で即興の言葉を色紙に書く」

 「チェキ撮影」

 などがこれに当たります。

個人的にはワンマンなどでやるのもいいのかなぁとおもいますが、

隣の物販の前に列ができる、騒ぎになって他のお客さんが近寄りがたい

そんな状況になりかねないので、慎重に決めましょう。

まとめ

このように、物販一つをとってもたくさん語ることが出来ます。

やはりお客さんの目線に立ってみると、物販はバンドとの窓口です。

入りやすい・魅力的に越したことはありません!

時には対バンの物販を参考に、あなたなりのアイディアで作り上げてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました