YouTubeでバンドを注目させるためのコツ

集客・活動関連
この記事は約4分で読めます。

YouTubeを使っていないバンドなんていないと思いますが、もしこれを読んでいるあなたが使っていないんだとしたら、時代遅れと言わざるを得ません!

YouTubeを使えば、メジャーデビューするより手っ取り早くバンドをアピールできるのですから。

⚫YouTubeでバンドを注目させるコツ

・歌ってみた

アマチュアバンドのオリジナル曲をいきなり聞いてくれる人なんていません。

まずは「歌ってみた」から初めて注目を集めるのが鉄則です。

近年でいえば「鬼滅の刃」の主題歌「紅蓮華」Official髭男dismの「Pretender」などが鉄板となっています。

・演奏してみた

こちらも「歌ってみた」と目的は同じです。

まずはカバー曲で注目を集めて、オリジナル曲を聴いてもらう方向へ持って行きます。

こちらも近年の人気は「鬼滅の刃」の主題歌「紅蓮華」です。

このように、その時ヒットしている曲をカバーすることで、より注目を集めることができます。

・できた曲はすぐアップ

「歌ってみた」「演奏してみた」「オリジナル曲」など、全てにおいて言えることですが、完成した曲はすぐアップしてください。

朝の情報が夜には変わっているくらい情報が目まぐるしく変わる近年において、出し惜しみはよくありません。

・リリックPV

曲をアップする時にPVがあると様になりますが、撮影、編集、ロケーションなどの手間を考えるとすぐにはできません。

そこでオススメなのがリリックPVです。

歌詞が流れるだけの簡単なPVですが、文字のフォントを変えたり、画像を加えるなどすれば見ごたえのある映像に仕上がります。

リリックビデオはフリーソフトで作れるので、お金はかかりません。

作るのも意外と簡単で、初めてソフトを触ってもその日のうちに仕上がります。

・アニメーションPV

最近だと「yoasobi」というユニットのPVが可愛いアニメーションで話題になっています。

気になる方はチェックしてみてください。

YOASOBI「夜に駆ける」 Official Music Video

そんなに手の込んだ絵柄ではありませんが、世界観のある映像に仕上がっています。

アニメーションPVもフリーソフトやアプリで作れるので、チャレンジしましょう。

・ライブ配信

コロナで一気に有名になったのがライブ配信です。

今までのようなライブをできる目処は立っていないので、無視できない形となっています。

個人で配信するのが難しい場合は、ライブハウスに相談してみましょう。

多くのライブハウスが配信事業に乗り出しているので、協力してくれます。

・企画もの

音楽配信だけしなくてはいけないわけではありません。一般のYouTuberがやっているような企画があっても良いのです。

・コラボ

・○○してみた

など、ミュージシャンがバラエティ番組に出ているイメージで楽しくやりましょう!

・SNSと連動

YouTubeにアップしている動画はSNSにアップしましょう。

SNSでの再生回数はYouTubeより多いこともあるので、注目を集めるにはぴったりのツールです。

SNSにあげる動画はフルバージョンでなくても構いません。

「ショートバージョンを乗せて、そこからYouTubeに誘導する」という流れも◎!

⚫まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、YouTubeでバンドを注目させるコツに迫りました。

YouTubeはプロもアマチュアも関係ありません。

プロ顔負けの活躍を見せているYouTuberミュージシャンが多いのは、誰が使っても「YouTube業界はフラット」であることの恩恵です。

一昔前のようにメジャーデビューをしないと音楽で食えない時代ではなく、YouTubeだけで食っていくことも可能です。

YouTubeを使わないなんて時代遅れですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました