『SNS宣伝の極意!』

集客・活動関連
この記事は約6分で読めます。

バンドマンの皆さんお疲れ様です!

夜、布団にもぐってSNSをみるのが習慣になっていませんか?

そう、この記事ではSNSをより上手に活用するためのアイディアを紹介いたします!

ぜひ参考にしてやってくださいね!

極意その1.まずはSNSゴールデンタイムを知る!

テレビ番組などで良く言われる「ゴールデンタイム」、

つまりは「みんながよくSNSみている時間帯」をきっちり掴んでおきましょう!

正解は…「20時から24時くらいまで!」。

もちろん人によってムラはあると思うのですが、だいたいはこんなところです。

朝の5時に告知をするのと、ゴールデンタイムに告知をするのとでは、

びっくりするくらい効果が違います!

まずはこのゴールデンタイムに告知する!というのを覚えて置いてください。

極意その2.告知の告知!

SNSの最大の特徴として、「流れるタイムライン」がありますよね。

HPのように情報がそこに止まることがなく、どんどん上書きされてゆきます。

つまり「見逃してしまえば、告知を見てもらう可能性がぐんと減る」ということです。

なのでこの極意を皆さんに伝授します。

「告知の告知をする!」これ大切です。

なかなか想像しづらいと思いますので、リンクを貼っておきます。

『BiSH』や『BiS』などの所属する音楽事務所、

『WACK』の社長、渡辺淳之介さんはこう言ったツイートがかなり多いです。

さらっとクールにやっておりますが、実はこれ極意。

あ、本日20時」の一言で、フォロワーに「20時、何かあるぞ」と身構えさせます。

17時にツイートしてますから、だいたい3時間前ですね。

そうこれが、「告知の告知」なのです!

そして20時に「ライブの告知」「リリースの告知」などを行うのです。

バッチリ本告知はゴールデンタイムですね。

(渡辺さんほどになれば、告知をとばして「ゲリラリリース」なんてテクニックもあるのですが…!)

これを参考に、ぜひ挑戦してみてください「告知の告知」!

極意その3.アイキャッチは必須!

アイキャッチ」という言葉はご存知でしょうか?

その名の通り、「目を奪う」というような意味合いです。

SNSではたくさんの情報が洪水のように流れてゆきますよね?

泥の中に、真っ赤なスポーツカーが流れてきたら目が行きますよね。

つまりはそういうことなのです!

では、SNSにおいて、どのようなものが真っ赤なスポーツカーなのか?

★★★形式で発表しましょう!

アイキャッチ度なし「URL」

 ⇨これは弱いです。

  Twitterでは、YouTubeのリンクがサムネイルにならず、

  ただ文字が青くなるだけなことに憤慨しております。

こちらはユーチューバー『水溜りボンド』のカンタさんのツイート。

URLが青くなってる上で、さらにアイキャッチ画像も載せています。

日本の最高峰のインフルエンサーの告知、参考にしておいてください!

アイキャッチ度★「すごい一言目」

 ⇨これは学校の作文などにも通づるテクニックです。

  「僕は、涙を流した。」とか「明日、世界が変わるかもしれない」とか。

  みている人が「むむっ」となるような、

  キャッチコピー的ひとことからツイートを始めるのもテクニックです。

アイキャッチ度★「目立つカッコ、絵文字」

 ⇨【本日20時】🐯重大告知🐯

  みたいな、力技で目立たせる手法です!

KingGnu公式もこのように使っております。

アイキャッチ度☆★★「アイキャッチ画像」

 ⇨先ほども紹介したような画像を用いてのアイキャッチです。

  これがあるのとないのとではかなり差があるので、

  『アイキャッチ画像は必須』くらいに思っていて間違いはないです!

  webフライヤーを載せるのがポピュラーですね。

アイキャッチ度★★★「アイキャッチ動画」

 ⇨これは実際にやってみて効果のあった告知なのですが、

  告知内容を動画にまとめるというものです。

  これはもはやMVくらいのパワーがあると思います。

こちらはBiSHのメンバーのアユニDさんのソロプロジェクト『PEDRO』の告知。

アイキャッチ的に動画が使われています。

ファンにはたまらない、魅力のある告知で、

 #嘘シングル のハッシュタグは極意「すごい一言目」に通じるテクニックだと思います。

こう言った「アイキャッチ必須」はぜひ身に付けておいてください。

「URL」+「動画」+「キャッチコピー」など合わせ技も使えるようになれば最高です!

極意その4.ねばりの告知

先ほども申し上げましたように、「とめどなく流れる」のがSNS。

告知したつもりでも「伝わっていない」ことは多々あります。

だから毎日!リツイートなどでもいいので告知しましょう。

「ちょっとウザいかもな…」となってきたらお昼間など時間帯を変えて告知してみるのもいいと思いますよ!

まとめ

今回はSNSでの告知の効果的なやり方についてお伝えしました。

SNSの工夫は絶えず、

「ゆるキャラを使う」「関係ない強い画像」「炎上覚悟」などしている人もみられます。

(アイドルの画像を載せてツイートする呂布カルマ@YakamashiwaさんのSNSも面白いです。)

少し面倒かもしれませんが、毎日の積み重ねが大切です。

冒頭で言ったように多くの人が、SNSをみる習慣がついています。

ネットで楽曲がバズり、そのままメジャーへ…というのも本当にある話なのです。

それをうまく乗りこなし、ぜひSNSの告知の極意身に付けてみてください!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました