バンドを続ける為に生活をしっかりする

集客・活動関連
この記事は約4分で読めます。

バンドのせいにして生活ぐちゃぐちゃしてない?それは決してバンドのせいじゃない!

「はじめに」

音楽をやるという事は時間を沢山必要とします。

その為、生活にメリハリや切替られる精神が無いとどんどん落ちていきます。

バイトに明け暮れて、

寝る時間を削ってバイト時間以外を全てバンド活動や練習に当てて、

家賃や光熱費、生活費など毎月かかるお金をどうにか節約して、

機材やバンド活動にお金を使い、

他の事に手が付けられない程バンド活動が充実していて、

視野が狭くなっていき、それでも毎日楽しくてたまらない。

みたいな最高な日々を過ごしている方、過ごしていた方は結構いますよね?

私もそうでした。

という事で、今回は体験談も含みながら書いていこうと思います。

「いつの間にか歳を取る」

音楽、バイト以外に時間を使わず生きていると、歳を重ねるだけで生きていく上での知識や生活力に大きな欠陥が生まれてきます。

それは普通に社会人として働いている人間より見る世界が狭いから起きしまう事で、基本的にバンドマンは「60歳になった時」とか「親が亡くなった時」とか「結婚した時」とかそうゆう音楽以外の先を見れていない場合があります。

「早く売れる為にどうするか」

「俺は40歳くらいで死ぬから良い」

「名曲を生めれば死んで良い」

等、遠い未来を見た上での生活について基本考えていないです。

勿論人によりますが、バンド活動にハマっているレベルが高い方はこうなりがちですね。

「気づいてしまった時が怖い」

ある程度歳を重ねてきて、バンド活動もしっかり続けたいけど生活しっかりしないといけないと考えてしまった時、それまで疎かにしていた生活を悔やむ場合があります。

意外と何も知らなかったという事が多いです。

実際私もそうでした。

「体験談」

私は20歳からバンドを結成し、同じバンドを今でもやっています(無期限活動休止中)。

その間、「売れる」という事しか考えず、生活なんて売れればどうにか出来るし、バンドがダメだった時はその時考えれば良いという感じで20代を過ごしました。

ですが、活動がどんどん低迷していき、その中で今後の人生を考え始めたんです。

バンドが無期限活動休止になった理由は「今後の人生について考えた結果」というわけでは無いですが、バンド活動が無くなると、バンドに使っていた時間が全て何も無い時間になりました。

そんな時、考える時間が沢山合ったせいで、「お金の事」、「保険」、「仕事」、「将来」を漠然と考え始めたんですよね。

その時に「もっとバンドしながらでも考えておけば良かった」と後悔をしました。

周りからは、「今気づけたなら全然大丈夫!」と言われますが「励ましかよ」って思っちゃいましたね。

もし、バンド活動をしながらこれに気づいてしまったらバンド活動やめる人も多いだろうなって思うし、逆に最初からこういう事を知っていたり、知識として蓄えながらバンドしている人は一生バンド出来るだろうなって思いました。

「時間を上手く使おう」

もし、この記事を読んで「何も知らん!」と思った方々は是非そういう部分を調べてみて欲しいのですが、私はバンドをやめて欲しいのでは無く、気づいたならしっかり「時間」や「お金」と相談しつつ上手くやっていこうと言いたいです。

まず時間ですね。

バイトじゃなく社員になっても良いと思います。

バイトは時給制ですが社員は固定給でボーナスもあるかもしれない。

そして、バイトしていた頃より時間が出来ますし、朝早起きな事が多いので健康的ですし効率的です。

あと1日の使える時間も増えます。

空いた夜の時間に練習をすれば良いし、ライブの時は有給を使えば良い。

休みの日にライブをするっていう事も出来ます。

社員になる事で、年金や保険等の不安がいくつか無くなる上に時間も出来、お金も確保出来るんです。

あと、何より視野が広がります。

「まとめ」

バンドに全力を注ぐのは勿論大切ですが、メリハリ、切替の精神を持ってやる事をお勧めします。

本当の意味で音楽活動やバンド活動を長くやれる秘訣でもあると思いますので、何も知らない方は是非調べて考えて欲しいですし、調べて欲しいですね。

色んな生活の仕方がありますが、好きな事を続ける為にやらないといけない事、知らないといけない事は沢山あったので、身を以て体験した私からのお願いです。

という事で今回はここまで!読んでいただき本当にありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました