ピッチシフターとオクターバーの違い

ギター関連
この記事は約5分で読めます。

自分が鳴らしている音に対して、異なる度数の音を加えて鳴らすエフェクターをピッチ系エフェクターと呼びます。

大きく分けてオクターバーピッチシフターがありますが、両者の違いは何でしょうか?

今回はそれぞれのエフェクターについて掘り下げていきますね。

【オクターバーとは】

原音に対して1つもしくは2つ下のオクターブ音を加えて鳴らすエフェクターです。

近年ではオクターブ上の音を鳴らせるものもあります。

生産当初は単音しかオクターブをかけられませんでしたが、近年では和音(コード弾き)にも対応するものも増えていますね。

オクターバーの構造もいくつかありますが、音の波形を短形波というものに変換させるタイプが多いです。

波形の立ち上がり(フリップフロップ)で+と−を反転させる回路に通す事で短形波のサイズが倍になります。

この構造により、原音にオクターブ上の音を加えます。

この構造はファズと似ており、回路の構造上ある程度の歪みが発生します。

ファズにオクターブの機能がついているものもあるのはこの為です。

オクターバーは音を加えるだけのエフェクターと考えるなら種類も少ないはずです。

実際には各メーカーから様々なオクターバーが販売されています。

それはこの歪みや音の厚みによる個性とも言えます。

・オクターバーの使い方

使い方はたくさんありますが

・音を加えて厚みを持たせる

・ギターとベースでユニゾンする際に使用して、3つの楽器で鳴らしているような音作り

・コードで鳴らして12弦ギターのような音を出す

・ベースでシンセベースのような音を出す

等でしょうか。

【ピッチシフターとは】

ピッチシフターは鳴らした音の音程を変化させたり、度数の異なる音を加えます。

狭義でピッチシフターと言えば原音に対して+1度、−1度と度数を設定すると、鳴らした音に対して機械的に音を追加するものを指します。

細かく言えば

・ハーモナイザー

曲のキーに合わせてシフトさせる間隔を調整させるもの。

通常のピッチシフターは機械的に音を追加するので、音がスケールから離れる等して違和感が出る場合がありますが、ハーモナイザーはその心配はありません。

しかしキーの知識が求められる為、上級者向けですね。

・ワーミーペダル

ペダルの踏み込みに比例して音程を変えたり、音を追加するエフェクターです。

こちら飛び道具として使われますが、ペダルを固定して通常のピッチシフターとして使用可能。

と区分けされます。

ピッチシフターはオクターバーより構造が複雑です。

音を早送りにすると音が高くなり、その分音の長さが通常の半分になります。

ぶつ切りに聴こえないよう、音と音の隙間をディレイで埋めるという原理ですが、アナログで再現するのは難しい為、ピッチシフターの多くがデジタル回路を使用しています。

・ピッチシフターの使い方

オクターバーのように音を加える事が出来ますが、用途は更に広がります。

・単音弾きに5度の音を追加してパワーコードでひく

・リードギターに3度の音を追加してツインリードのようなハモリを出す

・−1度に設定して半音下げチューニングで演奏する。逆にカポを使わずキーを上げる

等々 ピッチシフターはギタリストベーシストの数だけ使い方があります。

【オクターバーよりピッチシフターの方が良いの?】

・機能面

機能面では圧倒的にピッチシフターが優れています

機能的にはピッチシフターでオクターバーと同じ事が出来ます。

その分ツマミや音作りはピッチシフターの方が難しく、上級者向けになりますね。

ピッチシフターはハーモナイザーやワーミーペダルと種類も多いので、何をしたいのかを見極めて購入する必要があります。

・音質の違い

一番の違いは音痩せです。

ピッチシフターは音を細切れにして隙間にディレイで音を埋めるという構造上、音痩せは否めません。

オクターバーは回路的には原音に音を加える為、通すだけで音の厚みが生まれます。

BOSS OC-2 Octaveは生産中止にもかかわらず、独特な音の太さが持ち味で未だに根強い人気を誇ります。

ピッチシフターが発売されてもオクターバーが根強い人気を誇るのは、音質的にピッチシフターが出せない音があるからなのです。

・値段の違い

オクターバーの基本原理がシンプルな為、ピッチシフターよりも値段が安いものが多いです。

単純に原音より下の音を加える事を目的にするならオクターバーの方が良いでしょう。

・他のエフェクターとの兼ね合い

ベースシンセのような音を出す際は、音の厚みも同時に必要です。

その場合はオクターバー+ファズピッチシフター+ファズでは音の重厚感ではオクターバーに軍配が上がります。

【まとめ】

今回はオクターバーとピッチシフターの構造や使い方、選び方について紹介しました。

似ているようで構造は大きく異なるエフェクターです。

結論としては音質を求めるならオクターバー機能面を求めるならピッチシフターとなりますね。

出来る事は圧倒的にピッチシフターが多いものの、音圧を増やす等オクターバーにしか出来ない事もあるのです。

今回の記事がエフェクター選びの参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました