【ギター用エフェクターはベースでも使えるのか?コーラスエフェクター Maxon cs-550編】

ベース関連
この記事は約7分で読めます。

近年ではエフェクターを多用するベーシストも増えてきました。

ギターとベースは音域が異なる為、ギター用のエフェクターをベースに使用すると思うような効果が出ない事も多いです。

Maxon cs-550というコーラスエフェクターはギター用にもかかわらず、工夫する事でベースにも使用可能です。

今回はMaxon cs-550の概要について紹介します。

【ベースでコーラスをかけるメリット】

コーラスエフェクターとは原音に少しタイミングのズレた音を重ねる事で、音に厚みを持たせる事が出来ます。

その効果を利用して

・高音域のベースソロ等を目立たせる

・3ピースのバンドや、ギターソロの際に音の厚みを持たせる

・薄くコーラスをかけて音抜けを良くしてスラップを行う

等の使い方が可能です。

【ギター用のコーラスエフェクターはベースでも使えるの?】

ベース用、ギター用のコーラスエフェクターも原理は同じです。

その為、とりあえず繋いでエフェクトをかける事は出来ます。

ベース用、ギター用の最大の違いはエフェクトがかかる音域です。

低音にズレた音を重ねると音が不明瞭に聴こえる為、ベース用コーラスは高音域にエフェクトをかける等して音の違和感を解消している工夫がされています。

更にギター用コーラスをベースに使用しても効果が薄い等して、実用性に欠ける場合が殆どなのです。

ではベーシストは絶対にベース用のコーラスエフェクターを使用するかと言えばそうではありません。

プロのベーシストは様々なエフェクターを工夫使用しています。

【Maxon cs-550とは】

Maxon cs-550はギター用のアナログコーラスです。

初期型は1995年に発売されており、著名なギタリストCharが監修した事で話題になりました。

水色のビジュアルが人気でとあります。

現在手に入るのは復刻版であり、トゥルーバイパス使用となっています。

太くて自然な広がりと、立体感のあるコーラス音が特徴です。設定の幅が広く、大きく揺れたような音作りも出来ます。

【Maxon cs-550の各種コントロール】

コントロールは4つです。

左から

speed:モジュレーション(うねり)の速さの調整

Depth:モジュレーションの深さを調整

Delay time:時間を調整

こちら右にツマミを回す程エフェクトが強くかかります。

Mixing Level:側面にあるスイッチで原音とミックスしているエフェクトの音量をコントロールします。

またアウトプットが2つありますが、2つのスピーカーから音を鳴らして、コーラスを空間合成する事も出来るのです。

ちなみにアダプタはメーカー純正の10Vアダプターが良いとされますが、個人的にはBOSS等で販売されている9Vのアダプターでも問題はないと感じました。

【ベースでの使い方】

こちらギター用のエフェクターと言う事で、愛用者はギタリストに多いです。

監修したCharは勿論の事、チャットモンチーの橋本絵莉子、最近ではOfficial髭男dismの小笹大輔も使用しています。

更にベーシストではウエムラユウキが結成初期から一貫して使用。

楽曲におけるコーラスは全てMaxon cs-550が担っており、ベースでも問題なく使用出来る事が分かります。

Maxon cs-550は前述した通り立体感のあるコーラス音が特徴です。

他のベース用コーラスでは表現出来ない音作りも可能なので、こちらを使用するのも一興です。

音作りとしては最初はspeed・Depth・Delay time全てを12時の位置に設定。

Mixing Levelの割合も1:1にします。

そこからエグくかけたい時はツマミを強く、薄くかけたい時はツマミを弱くしていきましょう。

このエフェクターの特徴は音作りの幅広さとMixing Levelによる原音とエフェクト音をミックス出来るところにあります。

ベース本来の低音が音痩せしないよう調節が出来ます。

ちなみにウエムラユウキのInstagramでは

speedを10時位

Depthを2時~5時

Delay timeを9時~10時

の割合でセッティングしています(Mixing Levelは不明)。

ただ彼はDarkglass Electronics Microtubes b7k V2 OverDrive Preamp等の歪みや低音を際立たせるエフェクターも組み込んでいます。

原音にDarkglassの歪みや低音を混ぜつつ、Maxon cs-550の音をMixing Levelで調整している可能性はありますね。

とは言えMaxon cs-550はベーシストでも実用に足るギター用エフェクターと言う事がお分かり頂けたかと思います。

【まとめ】

今回はMaxon cs-550について詳しく掘り下げていきました。

ベース用コーラスと言えばEBS UNICHORUSやBOSS CEB-3 Bass Chorus等が有名ですが、Maxon cs-550も他のエフェクターに負けない音をバンドに与える事が出来ます。

エフェクター選びに迷った時は是非、検討してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました