宣伝を考える前にやるべき事

集客・活動関連
この記事は約5分で読めます。

みなさんこんにちは。

自分はこれまでいくつかの記事で音楽活動に関する宣伝の効果的なやり方について色々提示してきました。

実際、他のバンドなどからの相談で

そこそこ良い曲を作っているはずなのに全然売れない。

宣伝をどうやってしたらいいのか。

お前の曲はどうしてそんなに再生されているんだ。

などと相談を受ける事があります。

また、バンドマン同士の飲み会でもこのようなグチは必ず出てくると思います。

しかしよくよく話を聞いてみるとまだ宣伝について考えたりする段階ではない事が多いのです。

今回はそれについてお伝えしようと思います。

ファンの流入の流れを考えれば宣伝しても無意味なのはよく分かる

例えば活動初期の段階でライブを月に数回やりながらも2曲入りのシングルを完成する事が出来たというバンドがいるとします。

実際、世の中で活動しているインディーズバンドの活動初期はこのような状態だと思います。

このバンドが以前自分が提示してきたネットを使った宣伝方法で宣伝したとします。

仮に何人か気に入ってくれたとします。

実際にバンドのYoutubeチャンネルやSpotifyのページに訪れたとします。

するとオリジナル曲が2曲だけありました。

これを聴いてみます。

仮にそれがハマったとしてその2曲を何度も聴いてくれたとします。

しかし2曲だけしかなくて他に聴くものがなければやがて飽きてしまいます。

ストリーミングでの再生は1回で約1円なのでこの段階で収入が10円くらいしかありません。

しかし仮に曲数が100曲あったらどうでしょう。

単純に2曲しか無い状態よりも多くの数聴かれると思います。

つまり同じ宣伝の仕方でも曲数が多いと効果が全然違うのです。

もちろん1000円のCDを買ってくれれば一気に収入は上がるのですがネットで見つけたバンドでYoutubeでも曲が聴けるのであれば買う事はまず無いと思います。

ここが非常に難しいポイントです。

じゃあそれを防ぐためにネット上に曲はアップせずにCDを買ってもらうように誘導するべきかと言うとそもそも曲が聴けないと宣伝にならないのでその前段階であるバンドを気に入ってくれる、という事が起こりません。

アイドルなどビジュアルで勝負するなら別ですが・・・。

しかもCDはプレス代もかかるので金銭的なリスクを背負う事になります。

ネットのストリーミング+ライブでやっていくのか、ネットは宣伝のみでCDを売っていくのか・・・

この辺りの判断はこうした方が良いという明確な答えは出せないのでバンドの決断により決めるしかありませんが現在の主流はストリーミング中心なのでこの方向でやっていく事となるでしょう。

とにかくコンテンツを充実させないと宣伝しても意味がない

曲数が少ないと宣伝しても意味が無いという事は分かってもらえたと思います。

しかし曲作りはそう簡単には出来ません。

ここで言う「コンテンツ」とは何もスタジオでレコーディングしたオリジナル曲だけではありません。

バンドYouTuberとしてメンバーの雑談やゲーム実況などをやっているバンドもいますし、有名曲をカバーしてみたライブ動画をあげているバンドもいます。

これも立派なコンテンツです。

しかしYouTubeの動画の場合収益化の条件は厳しいのでなかなかお金には結びつかないのでやはりオリジナル曲を作りSpotifyなどのストリーミングサイトで流してもらう必要は出てきます。

もしくはYouTubeで無料配信をして、特に面白そうなものをpixivFanboxやニコニコ動画などで会員制の有料動画として流す事もありです。

曲作りを依頼するのもアリ

バンドだとまた違うのかもしれませんがソロシンガーやギター等とのユニットだと歌詞だけ自分で書いて曲は得意な人に依頼するというのも場合によっては賢い選択です。

駆け出しの作曲家だと3万円くらい、もしかしたらもっと安い値段でやってくるかもしれません。

この3万円という値段、一見高いように見えるかもしれませんが大体4日くらいフルタイムでバイトすればこの値段になりますね。

曲作りが1週間くらいで終わらせる事の出来る人だとお願いする必要は無いのかもしれませんが1ヶ月くらいかかってしまう人であれば、自分の1ヶ月分の仕事が4日間バイトするだけで手に入るので長期的に見れば安上がりかもしれません。

作曲が出来ないというわけでは無いのであればもちろん自分でも作りつつ、外部の作曲家にも依頼をしてまずはオリジナル曲の充実を目指す・・・

このようなやり方だと売れるのは早くなるかもしれません。

結局どうすればいいのか

ストリーミングが中心となりつつある現在の音楽シーンではオリジナル曲などのコンテンツが少ないと、その1曲がどんなに素晴らしいものであったとしても全然話になりません。

音楽活動の活動初期は積極的に動画を撮ったり、曲を作ったり、作ってもらったりしてとにかくコンテンツを充実させましょう。

宣伝を考えるのはそれからです。

実際自分も36曲ほどストリーミングサイトに流していますが金銭的リスクの無い宣伝はやってはいますが広告費を払うタイプの宣伝はまだ早いと思いやっていません。

シングル1枚で売れるのは今の時代、ほぼ不可能と言っても過言ではありません。これからのバンド活動は腰を据えてじっくりとやっていかなくてはなりません。

音楽活動をすると決めた段階でまずはとにかく曲作りを頑張りましょう。

有名曲をライブハウスで演奏してみた動画を撮影しておくのもアリです。

このようにコンテンツを増やすという事にまずは取り組んでみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました