実際バンドマンは上京すべき!?(上京のメリットとデメリット)

上京集客・活動関連
この記事は約5分で読めます。

みなさんこんにちは。

自分は広島出身で地元で長く活動したあとカナダに4年、東京で1年活動したあとドイツで音楽活動をしているミュージシャンです。

今回は地方出身のバンドマンなら誰もが思っている疑問、東京で活動するべきかどうか、という話について実際に上京してみた上で分かったメリットとデメリットをあげて一緒に考えてみようと思います。

特に最近は米津玄師や岡崎体育など地方にいながらネット配信で有名になるケースもあり上京する意味なんてあるのかと疑問を持つ人も多いと思います。

上京するメリット

1.人材が豊富

東京はご存知のように日本中から色々な夢を持つ若者が集まってくる街です。もしバンドメンバーを探しているのなら東京ほどふさわしい街はありません。

自分も広島で活動していた時、本気で音楽をやる気があってなおかつフリーな人材がなかなか見つからなくてメンバー探しに苦労しました。

東京ならメンバー探しは「our sounds」などの専用サイトなどを使えばすぐ見つかることでしょう。

バンドメンバー募集 OURSOUNDS
業界初のスマートフォンに完全対応!会員数・投稿数ともに国内最大級のバンドメンバー募集サイト。シンプルかつ豊富な機能・不正ユーザーの徹底的な排除にこだわり、安全かつ快適にご利用頂けます。

2.有名人や将来のスター、超大金持ちが身近にいる

これも先程の人材が豊富だということに関連していることなのですがテレビに出ている有名な人が意外と身近にいます。

自分が経験した中ではライブの対バン相手に趣味でバンドをやってるお笑い芸人さんがいたり、バイト先にテレビに出ているタレントさんがいたり、作家を目指してたり、役者を目指している人がいたり色々な人がいます。

最近のテレビの出演の単価は安いようなので頻繁にテレビで見かけるタレントさんも普通にバイトしてたりします。

これがどうバンド活動のメリットに繋がるかと言いますと・・・

自分はその趣味でバンドをやっている芸人さんにtwitterでフォローしてもらったのですが当然その芸人さんはテレビにも出ているのでたくさんのフォロワーがいます。

仲良くなって自分の曲のPVなどのリリース情報などのリツイートでもしてもらえればかなりの宣伝効果になりますね。

あとはこれから有名になるかもしれない役者さんにPVに出てもらったりしていて後に有名になった時そのファンが自分達のPVを遡って見てくれるかもしれません。

その他にも自分が東京でやっていたバンドは自主制作で作った映画の主題歌を任されたこともあり、これはバンドメンバーが働いていた会社の同僚が監督だったという縁です。

他にもライブハウスなどで知り合った人がラジオでDJをやっていてそこで自分達の曲を流してもらえた、という事もありましたし、バンドメンバーの知り合いの金持ちのホームパーティーで演奏してギャラを頂いた、という事もありました。


これは地方にいてはなかなかチャンスが少ない事ですね。

3.音楽の仕事が豊富

これはバンド活動には関係無く、ソロでの活動となりますが東京は小さな音楽の仕事が豊富にあります。

楽器を弾ける方ならちょっとライブのサポートをして欲しいという話もたくさんありますし、レコーディングを手伝って欲しいという話もあります。

ボーカルの方なら仮歌のレコーディングの仕事などもあります。

地方の大きな都市でも多少はあると思いますが東京は圧倒的にこのような需要が多くあり、数をこなして信頼関係を作るとこのような音楽の仕事で食べていける事も可能です。

競争が激しいと思われがちですが価格帯が分かれておりすごい人は高単価の価格帯にいるので競合することはありません。

大体これくらいの値段でやってくれる人、の間で競合することにはなります。

以上がメリットになります。

デメリット

1.生活費が高い

東京の生活費が高いのは皆さん当たり前のようにご存知だと思います。

自分はこれを抑えるために安いシェアハウスに住んでいたのですが東京で安い部屋となると壁も薄いので地方在住の方からすると信じ難い話かもしれませんがキーボードの鍵盤を叩く音がうるさいと文句を言われました。

キーボードの音では無く、ヘッドホンを付けて外に漏れないようにしてたのに叩く音自体がうるさいと言われるのです。

これでは練習も、曲の打ち込みなども出来ません。

ギターやドラムの練習はなおさら出来ない事でしょう。

さらにバンドの機材を運ぶための車の駐車場を確保するのも非常に困難です。

その結果、都心からかなり離れた場所に住むか、色々と制約を受けながら都内に住むか、の選択を最初にしなければなりません。

2.音楽以外の仕事中心になりがち

これも生活費が高いことと直結してくるのですが高い生活費のために時給の高い仕事やフルタイムで働いてしまいがちです。

特に要領よく色々な事を出来るタイプの人は24時間色々な仕事が出来るので朝から晩まで働いて肝心の音楽活動がおろそかになってしまいがちです。

自分の場合早朝から某チェーン店でバイトした後空いた時間はUbereatsの配達員をやっていました。

収入は結構な額になりましたが音楽活動はあんまり出来ませんでした。

周りにいるミュージシャン達もフルタイムで仕事をしながら空いた時間で音楽をやっているという人は多いです。生活費が高いからその分働くしかないんですね。

以上、上京のメリットとデメリットを挙げてみました。いかがでしたでしょうか。

最後に

最後に上京するべきかどうかという疑問について自分なりの答えですが

自分はやはり上京するべきだと思います。

しかし必ずしも23区内に住む必要はないのかなと思います。

安くて環境の良いちょっと郊外に住んでお呼びがかかれば都心へ向かう、というやり方がベストなのかもしれません。

交通網が発展してるので電車ですぐ行けてしまいます。

もちろん都心で素晴らしい物件を見つけられたらそれが一番です。

地方に住んでるバンドマンの皆様の参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました