“YAMAHA FP720″という現行品の中で最高なペダルの話

ドラム・パーカッション関連
この記事は約7分で読めます。

これを知らない?!じゃあ一回試してみなって!

「はじめに」

ドラムはスネアやシンバル、スティック以外にもその人の拘りや個性が出る部品やアタッチメントなどもあって、キックペダルもそのうちの1つです。

今回ドラマーがスネアやシンバルと同じくらい拘るキックペダルについて話していこうと思います。

ですが、今回登場するのはYAMAHAが生んだ名器FP720のみというぶっ飛んだ記事になります。

というより、このキックペダルのみで記事書けちゃいますよ。

もし今このキックペダルを使っている人がこの記事を見つけたらきっと喜びますね。

なんというか、このペダルを使っている人って、このペダルのファンに近いんじゃないかと思うんです。

そんな方々と「やっとたどり着いたー!最強ペダル!」とか思った瞬間も共有出来たら嬉しいですね。

「FP720について」

元々1980年から1990年にかけて販売されていたFP720ですが、一度販売停止しております。

それが2015年に復刻版として販売開始されているわけですね。

伝説の名器が帰ってきたー!

みたいな感じですよ。

値段はメーカー希望価格で¥17,000。

販売価格は税抜きで¥13,600のようです。

因みに私は新古品として買いまして、税込みで¥11,000くらいでした。

この値段で購入できるようなペダルじゃないでしょって思う程、恐ろしく扱いやすいです。

スペックがベルトドライブなのですが、そのブレがない特徴と綺麗な乗り方でパワー出す部分が支持を受けていたのが発売当初だったようです。

でもその後はDWなどのドラムメーカーがチェーン式のペダルを販売し始め、ベルトドライブの人気は下がっていったようですね。

それでも、水面下でファンの支持が有り続け、満を辞して復刻!みたいな流れだったようです。

「愛用している私の感想」

まずデザインが素敵です

少しチープさを感じさせますが、ごちゃごちゃしていなくてシンプルですね。

私は元々FP720と出会うまではPearlのP-1000(シングルチェーン)を使っていましたが、経年劣化と、もっとパワーが出るペダルの欲しさに長い期間をかけてベストペダルを探していたんです。

もちろん、値段の高いペダルも沢山試してみましたし、当時周りのドラマーが良く使っているペダルは基本的に殆ど試しました。

けど、どんなに試してもずっと何かが足りないと思っていたんですね。

でも、FP720に出会った時に気づいたんです。

足りないんじゃなくて、自分にとって要らない感覚が多かったんだと。

例えばですが、DWの値段高めの有名なペダルですが、機械の様に動いてくれちゃって自分で踏んでいる感が無いとか、そういった感覚ですね。

FP720は決して見た目が今の時代っぽくないんです。

どうしても近未来系のペダルや見た目がかっこいいペダルに目が行くと思うんですよね。

これも時代的に仕方ないと思います。

実際僕も元々そうでしたが今は全くその感覚を思い出せないくらいFP720の虜ですね。

因みに僕はこのベストペダルをもっとベストにしようと思い、ビーターをDWに替えて裏面を使ってます。

そして、スピードマスターベアリングをつけてますね。

これで僕のベストペダルは完成しました。

もしどのペダルを買おうか悩んでいる方がいたら是非FP720を試して欲しいです。

またFP720の最大の特徴としてはドラマーの技量を最大限に出してくれるところですかね。

上手くなっている事が実感でします。

「プレイスタイル、得意ジャンル」

ここまで色々とお話ししてきましたが、では具体的にどんなドラマーに向いているのか

これは特に大きく不向きなジャンルとかは特に無いと思いますが、もしかしたらメタル系やラウド系で使っている方は少ないかもしれません。

バスドラを激しく使うジャンルは、上記で記載したDWの「機械のように動いてくれる」といった、負担の少ないペダルを使っている方が多いと思います。

ただ、だからと言って、FP720を使ってはいけないわけではないですね。

私のプレイスタイルを通して話すと、まず私はバックビートが特徴のドラマーでして目立った難しい事は基本的にやらないんです。

けど、「やってみると難しい」という所に重点を持っていくようにしています。

なので、結構繊細だったりするんです。

太鼓1つ1つの音を出来るだけ理想な形で鳴らして、かつ、2拍、4拍の位置を大切にプレイしているので、バスドラの踏み心地次第で結構ドラム全体の音量バランスや、ビートバランスを失ってしまうんですね。

なので、正直スティックもめちゃくちゃ悩み倒した時期がありました。

それを踏まえて、しっかり理想的にバスドラを鳴らしてくれるペダルがFP720だったんですね。

「まとめ」

完全に私個人の意見でも有りますが、高いペダルを買っても正直FP720の魅力には勝てない気がするんです。

有名で人気のあるペダルは沢山有りますが、コスパを考えるとやっぱりFP720てどう考えても最高なんですよね。

あくまで今回の記事は参考にしてもらえたらと思いますが、買うペダルを悩んでいる方がいたら、そしてもしもう既に買うペダルを決めていたとしたら、買う前に一度FP720を試してから買う事を強くオススメします。

今回はここまで!本当に読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました