“Ludwig LM402″という素晴らしいスネアについて

ドラム・パーカッション関連
この記事は約6分で読めます。

まだ叩いた事がない?!ドラマーなら一回現行品で良いから叩いてみて欲しい!

「はじめに」

スネアを選ぶ際、最初はどれが良いか解らず有名ドラマーのシグネチャーモデル買ったりしますよね。

私もそうでした。

シグネチャーモデルも勿論素晴らしいスネアが沢山ありますし、本当に沢山の種類のスネアが世の中にはあります。

では、その中でどれを選ぶのかがドラマーのセンスになってくるわけですね。

いやーこの話ワクワクしますね。

私もスネアを選ぶ際沢山試打してきたので、あの選んでる間の時間が凄く楽しかったのを覚えていますね。

それで今回はスネアの中でもLM402というスネアに着目して話していこうと思います。

何故かって?

私が出会ったスネアで一番だったからです。

同じ気持ちのドラマーも結構いると思います。

勿論、LudwigのスネアだとLM400や、アクロライト、ブラックビューティーと最高峰スネアがありますが、私がLM402を選んだのは出会いがあったからです。

そこも含みつつ話をしていこうと思います。

「Ludwigとは」

Ludwig社を引っ張ってきた2人の音楽家が有名な方なんですね。

その2名W.F.ラディック氏、W.F.ラディックJr.氏と、もう解るように人の名前からLudwigという名前がついております。

世界初の研究や開発、発明をしてきた会社で、その歴史があるからこそ世界中のドラマーの気持ちを汲み取れ大きな支持を受けていたわけですね。

いやー本当に素晴らしい会社ですね。

この会社は高品質の打楽器を作る事を理念としているので、先程言ったスネア達が誕生したんでしょう。

Ludwig
ラディック・ドラム・カンパニーは1909年シカ&#12...

「LM402について」

昔からファンが沢山いるスネアですが、その昔はシェルの材質が謎だったという話もあります。

その謎もドラマー心をくすぐっていたのかもしれませんね。

60年代、70年代に作られたLM402は今でも中古で出回っていますが結構値段が高いですね。

私も何度か叩いた事がありますが、現行品で出ているLM402と比べるとやっぱり違いましたね。

けど、私の意見としては現行品でも凄く良いのとコスパが最高ですね。

特徴を言うと、ドライではありますがサスティンが綺麗、音の厚みには温かみもあり、コシがある感じですね。

あと、めちゃパワーがあるわけではないですが、音の癖が全然無くフラットに、かつダイナミックに鳴ってくれます。

全体的にバランスも良く、歌モノの曲には持ってこいだと思います。

弱点としてはストレイナーが壊れやすい、チューニングが緩みやすいとかですかね。

「LM402との出会い」

LM402と出会う前にYAMAHAのメイプルスネアを使っていたのですが、ミュージックビデオ撮影中、水に浸かってしまい、音が激変し最悪の気分で新しいスネアを探しに行ったのを覚えています。

以前から気になっていたスネアがあり楽器屋には申し訳ないと思いながらも沢山試打をしました。

その中からいくつかに絞って値段と相談しながら考えていたんですよね。

色んなスネアを眺めつつ。

そしたら中古品の中にLM402を見つけまして、名前は知っていたのと、噂も聞いていたので気になって店員さんに話を聞いてみたんです。

まあ値段が恐ろしく安かったので何故かと言う疑問もあったのですが。

と言う事で店員に話を聞いてみたところシェルが少し歪んでいて、傷も多いのでずっと売れ残ってるんです」と言う話でした。

この時「あ、俺が買う為に残っていたんだな」と言う気持ちになり、試打もせずに買っちゃいましたね。

その日からメンテを定期的にしっかりやって、ヘッドやスナッピーも沢山調べて自分とスネア間で一番最適なものを選び、フープもプレスフープからメッキのダイキャストに替えて使用するようになりました。

その間、WINCENTの「W-5B」と言う自身最高のスティックに出会った事もあり、私が「今」出せる理想の音を手に入れられたと言う感じですね。

「向いているジャンル」

正直どんなジャンルでもオールマイティーにしっかり仕事してくれるスネアですが、歌ものや、アコースティック系には最高ですね。

あとは、ジャズとかでも最高だと思います。

僕はたまたまギターロックをやっていたので相性は抜群でした。

もっと細かく突き詰めたら男性ボーカルより女性ボーカルの方が良さは際立つかもしれませんね。

「まとめ」

LM402には色んな特徴がありますが、私個人の気持ちとしては「癖が本当に少ない」と言う部分に惚れております。

これは色んな物に当てはまりますが、「人」、「車のエンジン」、「味」、「匂い」、「色味」等色んな分野で「癖」と言うものが存在しているんです。

その癖の少なさに「ドラマーの味を引き出せる」と言う特徴があります。

それってドラマーにとっては嬉しい事ですよね。

また僕の持っているLM402はいつの年代のものかわかりません。

と言うより調べないようにしています。

正直僕にとってその部分は関係ないのでね。

と言う事で今回はここまで!

本当に読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました