バンドってお金がかかる!

集客・活動関連
この記事は約5分で読めます。

バンドを始めたら気づいてしまう事実、実は結構お金がかかるということ…。

これはバンドマンとしては避けて通れない道です。

またバンドを組んでいないという人も「何にどれだけお金がかかるのか?」という内訳を知っておきましょう。

このお金をムダにせず、うまく回収できるか否かは本当にバンド次第なので一概には言えません。

多くのバンドは、特にライブのチケットノルマには苦しんでいます。

社会人になったり、どんどん周りが結婚したりすれば、なお更。

お客様で来てくれる人の足が遠のいてしまうんです。

ただ、実はそれってライブをやる前段階で

「来てくれる人=自分を応援してくれる人」

を確保しておけば良いだけの話。

そして、その「来てくれる人」をどんどん新規開拓していかなくてはならず、実はバンドマンには営業力も必要だったりします。

では具体的に、何にいくらかかるのかと言うと…、

スタジオ代、1回数千円

ライブ前そして、バンドを組んだばかりなら必須なスタジオセッション。

全員ではなく、リズム隊(ベース・ドラム)は特に息を合わせる必要があるので、2人でスタジオ入りして特訓する事が多いです。

練習スタジオのクオリティーにもよりますが、ドラム・ベースの2人だけでスタジオに入るとしても最低1回2,000円(2時間)はかかります。

もっと時間を取ってがっつり合わせたい時もあると思います。

月に10,000円程度は必要です。

毎週スタジオに入るバンドもいるし、バンドによっては週に何度もスタジオ入りしています。

家で思いっきり音を出せない・個人練習をしたいと言った場合には、さらにお金がかかります。

ただ、普通に働いていたりバイトをすればこの金額であれば賄えます。

楽器を買ったりするお金に比べたら、それほど痛くはありません。

ライブのチケットノルマ+機材費、数万円

ライブハウスにブッキングしてもらった時点で、あるいは誰かの企画に出演させてもらえる時点で、多くの場合チケットノルマが発生します。

どこかのバンドの企画であれば、主催バンド・イベンター側の計らいで、ノルマ無しで出演できる場合もあります。

ただ主催企画だったとしても、少額の負担を出演者にもお願いするバンドは数多く存在します。

ハコ主催の通常ブッキングであれば、【例)チケット代2,000円×10枚+機材費1,500円】という風なノルマが課せられます。

このノルマ人数を上回ってお客様を呼べた場合は、ライブハウスからバックとして清算時に黒字分がバンドに支払われます。

しかしこの人数を呼べなかったら、清算時に赤字分をバンドが支払わなければなりません。

都内では、このチケットノルマの相場は3,000円程度。

郊外都市であればもっと安くて2,000円程度。

お客様を全く呼べなかった場合、1回のライブで1人およそ10,000円程度は負担しなくてはならないのです。

ライブハウスはこのチケットノルマで成り立っているので、よほど長く濃い付き合いにならないと、ノルマを割り引いてはくれません。

物販をつくるなら…

CDをプレスして作りたいと言った場合には、レコーディング費・プレス代・盤面印刷やジャケット作成代と、かなり高額なお金がかかりますが…

そこまで大げさではなくても、CD-Rを配布しているバンドがほとんどです。

まず配布用のCD-Rを、自分達で買うお金がかかります。

盤面印刷・ケース・ジャケにもこだわりたい場合、さらにコストがかさみます。

(盤面印刷は、専用のソフト・プリンターが無いと出来ません。)

そして自分たちのバンドTシャツ・ステッカー等の物販を充実させたいと言った場合にも、それは無料では出来ません。

(印刷代だけではなく、デザイナーに支払うデザイン費がかかる場合があります。)

プロフィール写真、いわゆるアー写をカッコよく撮ってもらいたいという時も、フォトグラファーに少額だとしても報酬が必要な事があります

周りに写真撮影やデザインに精通した人間がいて、好意でタダでやってくれたとしても…

ライブの宣伝にはフライヤーを作る場合、印刷代がかかります。

そして簡易的にMV・PVを作成したい時にも、自分達で出来ないのであれば誰かに頼まなくてはなりません。

Webでの告知に、SNSなら無料で使えます。

しかし独自ドメインのホームページを運営したい時も同じく、ドメイン維持費・サーバー管理費が必要になってきます。

バンドをするために、まず働こう!

あなたの「バンドをやりたい」を叶える為に、必要なのは時間・体力・継続する情熱、そしてぶっちゃけお金です。

お金がかかり過ぎる事がネックで、結婚などのライフイベントを期にやめてしまうバンドマンが居るのも不思議ではないのです。

人間に与えられた時間は有限です。

バンドに割ける時間をどうにか捻出したとしても、お金がないとライブはおろかスタジオにも入れないのです。

バンドマンは資金繰りに大変で、要らないものを売ったりバイトを掛け持ちして、他の出費を抑えて頑張っている人がほとんど。

でも、出来ちゃうんです。楽しいから。

音楽が好きで、良い仲間に恵まれたら、案外この苦労も乗り越えられてしまいます。

楽ではないけれど、充実していて恵まれた毎日を過ごす事が出来ます。

継続するには、まず「あなたを応援してくれる人」を沢山見つけること!

まずは、ここをクリアしましょう。

おのずと良い未来が期待できます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました