【キックが命!!!】レーコーディング、ミキシングエンジニアが教えるドラムのチューニング方法。

この記事は約3分で読めます。

ドラムを叩いたり、打ち込んでいたりしていて、「なんかプロの音と違うなぁ」と思った事はありませんか?

ご存知かとは思いますが、プロのレコーディング現場では、エフェクト処理を含めかなり緻密な作業をしています。

でも、一番は楽曲その物の音!!

というわけで、ドラマーにもDTMでの打ち込みにも効果的なチューニング方法をご紹介します!

レコーディングでは曲毎にチューニングを変えます!

あくまで基本的にですが、keyがCメジャーの場合はCにキックを合わせます

CマイナーでもCです。

(私は、アタックがCでリリースをGになる様にしています。)

じゃあライブやスタジオはどうするのかと言うと、共通音にチューニングします。

例としてEマイナーの曲とCメジャーの曲とGマイナーの曲を演奏するとします。

この中で共通で使える音は、C、D、G、Aとなります。

この中で、しっくり来る音を選びます。

この辺りは感覚的な物なので、何度かやってみてください。

(音楽理論がわからない方は、ギタリストか、キーボーディストに聞いてみてください笑。また、音楽理論に関する記事もアップ出来ればと思います。)

余談ですが、ライブ映像なんかでスネアがいくつかある場合などは、チューニング変えています。

余裕のある方は是非!(笑)

チューニングの手順

まずはキックのチューニングをします。

スネアのチューニングをする人は多いと思いますが、実はキックが最も重要!!

コード感を出す土台となるベースと、周波数帯域が被るので、ここが濁ると楽曲全体が曇るんですよね…

と言うことで、まずはキック!!

次にスネアをキックと調和する様にチューニングする。

調和と言ってもなかなか難しいですが、チューニングをしていると気持ちいい所があるんです!

慣れれば、素早くできますが、それまでは何回も練習してみて下さい!

タムをチューニング

ここまで来れば、後はタムだけです!

これも、キックとスネアを叩きながら、気持ちいい所を探してみてください!

音階に合わせたチューニングをしてみるのも面白いです!

最後ですが、

シンバルのチューニング

ソフトでは簡単にチューニングできますが、生のドラムの場合、「え?シンバルってチューニングできるの?」なんて思う方も多いと思います。

理想は、シンバルを変える事でがそうもいかないので、シンバルのスタンドのネジの締め具合を調整してみてください!

スタンドに付いているフェルトを交換しても効果ありです!

チューニングと、話しは少しかわりますが、ミュートも重要です!

トランジェントや、アタックとリリースなんて言い方もしますが、一言で言えば、音の伸びを調整します。

PAにリバーブを足して貰うのか、生の鳴りそのままでいくのかを、予め決めてから、適当なリリースになる様にミュートします。

さて、ここまで来ればかなりサウンドが馴染むんで来ると思います。

簡単では無いですが、効果絶大なので是非試してみてください!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました